ハウスメーカーの疑問を解決します!

このサイトではハウスメーカーを比較する際に、大事な点となることについてご紹介しています。
住宅メーカーと工務店にはどのような違いがあるのか、高級感のある家づくりをしたい場合に依頼するべき住宅メーカーとはどこなのか、また日本で人気を集めている住宅メーカーに関しても取り上げているサイトです。
また知っておきたい大手のメーカーならではの特徴の解説もしているので、これからマイホームを建てることを考えている人にお勧めです。

ハウスメーカーの比較ポイント

ハウスメーカーの比較ポイント これからハウスメーカーに依頼して、住宅を建てようと考えている人もいるのではないでしょうか。
家づくりは多くの人の一生のうちには、それほど何度もない大きなイベントです。
そのためしっかりと依頼する会社を選んで、納得のマイホームを建てたいと考えても当然です。
ハウスメーカーを決める際には、いくつかの会社を比較して選ぶことで失敗のリスクを減らすことができます。
数多くの会社を比べるときに注目するべきポイントの1つは、希望する工法を扱っているかどうかです。
また予算に合っているかも大切になります。
さらには住む人にとってこだわりがある間取りやデザインが可能であるかどうかの点でも比較しましょう。
加えてアフターサービスの充実度もポイントになります。

ハウスメーカーでおすすめできる会社には共通点があります

ハウスメーカーでおすすめできる会社には共通点があります 注文住宅を建てる際には、全国各地で営業するハウスメーカーを利用することになります。
各社は独自技術を開発しており、住宅に対するコンセプトというものもあるので、どこに依頼をしても同じという考え方は捨てた方が賢明です。
おすすめできるハウスメーカーには、基本的な項目として共通点があり、まずは、長い歴史を持つ会社が該当しています。
小さな地元の工務店に建築依頼をすることも決して悪くはありませんが、歴史が長く有名なハウスメーカーの場合は、蓄積されたノウハウを持っていることになり、施工数が多いことにより建物のトラブルが非常に少ないことと、倒産してしまい保証されないという心配も無用です。
次に大企業ならではの開発力というものも大きく影響を与え、昨今では大地震に備えた揺れに強い住宅作りを行う他、そもそもの地盤調査の徹底と、地盤の強化も行う会社はハウスメーカー各社で打ち出していることも目立ちます。
耐震性は高ければ高い程、安心感があるので耐震性の強さを前面に出している会社はおすすめできます。
アフターサービス、アフターフォローも充実化させているハウスメーカーもおすすめできる要素があり、数年に1度の点検を無料で行う会社、長期保証制度を設けている会社も利用する価値は十分にあるのではないでしょうか。

ハウスメーカーにおける技術力はどうですか

日本にはハウスメーカーが何社か存在していて、それは住宅を供給する会社のことを指しています。もともとはプレハブ住宅を供給する会社であったものが、今では住宅展示場で住宅を商品として販売している会社です。
大手ハウスメーカーのシェアは約23%で、会社によって鉄骨系や木質系、ツーバイフォーなどの商品ラインナップを持って、自社の研究所で専門的に新技術や商品の開発を行っているのが現状です。
ビルダーはハウスメーカーほどの規模はありませんが、あるエリアに特化して年間に数百から数千棟くらいの住宅を供給する会社を言います。ビルダーによってはその地域でトップシェアを誇っている企業も存在します。工務店は地域に密着した大工などの職人集団で年間に数棟から数十棟くらいの家を建てていて、施主にオーダーメイドされて建てた住宅が多くなっています。
ハウスメーカーは住宅を商品化し規格化されているので、買い手はその商品のラインナップのなかから好きなものを選び、自分の好みに応じてカスタマイズしていくことが多いです。

安全性の高い家を建てたい場合はハウスメーカーに相談しよう

台風や地震、火災などの災難は、誰でも遭う可能性があるので安全な住宅を建てる必要があります。
地元で評判の高いハウスメーカーでは耐震性、耐火性、防水性、遮熱性に優れた素材を使用しているので、災害時でも安心して暮らせるのが魅力です。鉄筋コンクリート製住宅や鉄骨などは、耐震性に優れており気密性を高めることが出来ます。
体の弱い子供や高齢者がいるご家庭では、シックハウスやアレルギーが起こりにくい素材を選ぶことが大事です。天然の無垢材を使用した木造建築の家は、調湿性や通気性に優れているのでカビやダニなどが発生しにくくなります。信頼できるハウスメーカーを選んでおくと、湿気が発生しにくくシロアリなどの害虫を防ぐことが可能です。
人体やペットに安全な住宅に仕上げることで、健康を維持して活力のある生活が出来ます。
バリアフリーの設備を導入したり、トイレや洗面所、お風呂場などに手摺を設置することで転倒による怪我を防ぐことが可能です。

ハウスメーカーが主催する住宅展示場を参考にするといいです

新築一戸建てを計画している方にとって、間取りなどのレイアウトはけっこう迷うものです。頭の中では一通りの筋書はできていても、不安であったりして神経を使います。
家を建てる参考になるのがハウスメーカーが主催する住宅展示場に足を運び、展示してある家々を見るといいです。数社のハウスメーカーが合資で土地を貸し切り、各メーカーごとに家を展示するものです。メーカー各社独自の家づくりですので、同じ台所や浴室でも違います。ですから幾通りも参考にできるため休日になると多くの人が足を運びます。展示場にはメーカーごとに担当者がいますので、家づくりに関してわからない点などは詳しく教えてくれます。またパンフレットも無料で配布されていますので、時間があるときに家でじっくり読むのもいいです。現物をいろいろな角度から見たり調べたりすることで自分の理想とする家が出来上がってきます。自分が一生暮らす家ですので、後悔しないために何度も足を運び、わからないことは担当者に何度も質問するといいです。

間取りを参考にするにはハウスメーカーがいいです

新築一戸建てを計画しているけど、間取りをどのようにしたらいいのか、迷いや不安がつきものです。そのようなときにはメーカーが展示している家、いわゆるハウスメーカーを参考にするといいです。
展示用ですので中に入ることができますのでいろいろ家づくりの参考になります。中には職員が配置されていますので、わからないときは質問すると良いです。ハウスメーカーはいくつかの展示をしていますので、いろいろな観点からレイアウトを学ぶことができます。また無料のパンフレットを帰ってからじっくり眺めているのもいいです。日本国内にハウスメーカーは数百社以上ありますので、まずは身近なメーカーの家を参考にするといいでしょう。家で一生を暮らしますので、出来上がってからのレイアウトに後悔しないようにしましょう。そのためにはハウスメーカーを何度も参考にして自分達が納得するまで何度も足を運んでください。出来上がりの家には夢と希望があります。

ハウスメーカーが提供する2×4工法は強固な木造建築

ハウスメーカーはいくつもの会社がサービスを提供していますので、様々なプランを提供することで差別化を図っているという特徴が存在します。その中でも、ハウスメーカーが特別な工法を利用してより多くのクライアントを獲得しようと考えているところも少なくありません。この代表的なものが、2×4工法というものです。
この工法の特徴は、木造建築を主体として強固な住宅を作っていくという点にあります。一般的に、木造建築は燃えやすいという特徴がありますが耐震性に優れていますので非常に住みやすい環境になっています。しかし、この方法を利用することによって耐震性だけではなく防火性も向上させることができるという大きな魅力が存在します。構造上で防火区画を作ることができますので、燃え広がるというリスクを最小限に抑えることが可能だからです。その上で、天井や床あるいは壁を一体的に捉えることで地震のエネルギーを逃がすための対策もしていますので非常に人気の高いものとして注目を集めています。

ハウスメーカーにあるわかりやすい2つの特徴

ハウスメーカーには、それぞれの会社が提供しているポイントを比較するための特徴が2つ存在します。まず、サポートが充実しているかどうかという点です。ハウスメーカーは、大手のブランド力をバックにサービスを提供していることがほとんどであるため、初めてであってもきちんと取引を進めていけるだけのサポートがないと意味がありません。
マニュアルがあってシステム化されたサービスを提供できるのが強みであるため、この点は知っておく必要があります。また、十分なプランを選択できるかどうかという点も重要です。例えば、注文住宅のように細かい部分を指示したいと考えている時には充実したプランが存在しないと、想定していたような住宅設計を行うことができなくなってしまいます。こういった顧客側が柔軟にプランを選択できる状態になっているかどうかを確認することは、理想的な住宅を購入するうえでより良いハウスメーカーを選択する時にとても大切なポイントです。

ハウスメーカーと工務店の立場の違いを把握しよう

ハウスメーカーは、大手の企業がサービスプランを考えて提供することがほとんどです。
例えば、注文住宅を相談する時であっても一定のプランが存在しますので、それを選択することによって初めて相談する人であっても迷うことなくスムーズに取引を進めていくことができます。一方で、工務店は小規模にサービスを提供している地域密着型の店舗であることがほとんどです。中には、ハウスメーカーから受注を受けて下請けとしてサービスを提供しているところも存在します。大きな違いとしては、職人が直接的にクライアントとやり取りを行っていくことができるという点です。サービス内容についても、店舗によってばらつきが多いのですが細かな部分も注文することができるため、より理想的なマイホームに近づけることができます。ハウスメーカーも工務店も、それぞれにメリットが存在しますのでまずはそれらを比較して自分の目的を達成できるかを検討していくことが非常に重要です。

自家発電を得意とするハウスメーカーの選び方

近年では、災害や省エネを考えて自家発電のための太陽光発電を導入する住宅が増えています。しかし、中には太陽光発電のことをよくわかっていないハウスメーカーをもあるため、導入を考えたときには太陽光発電を取り付けるのが得意なハウスメーカーに相談することが大切です。
住宅を作る際の前提は、住宅が性能が良く長持ちするという点です。それに加えて太陽光発電などを導入することで、経済性を追求するという形になります。そのため信頼のおける、技術力が高いメーカーを選んでいきます。
その上で、住宅設計の段階から太陽光発電などの発電量、光熱費のシミュレーションなどをしっかり教えてくれるかをチェックします。事前に教えてもらえることで、建築後に想定した発電量が得られないという問題を避けることができます。
また、しっかりアフターメンテナンスを行なってくれるかも重要です。定期点検や太陽光パネルの清掃などをしなければ安全性が落ちてしまうため、メンテナンスまで行うハウスメーカーなら安心です。

ハウスメーカーの比較サイトで重要視するべき1つのポイント

ハウスメーカーを比較サイトで探すときに重要なポイントに、担当スタッフの対応が挙げられます。これは、ハウスメーカーの強みがサポート体制にあるからに他なりません。
ハウスメーカー工務店などの小規模の企業と大きく異なるのは、一律に品質の高いサービスを受けられるという点と、職人と直接的に提携を行うことができるわけではないというポイントが挙げられます。ハウスメーカーのサービスはシステム化されていますので、全国どういった店舗であっても同じような高いサービスを受けられるというメリットが存在します。その一方で、職人と直接的にやり取りを行うことができるわけではありませんので、担当スタッフとの連携が非常に重要になります。必要な情報を職人に渡すためには担当スタッフの対応が非常に重要になりますので、この部分の対応が悪いとサービス全体の品質が低いということが一目瞭然で分かります。そのため、比較を行うときにはまず担当スタッフが優秀であるかどうかということを確認しておかなくてはいけません。

ハウスメーカーの参考サイト

群馬 ハウスメーカー

新着情報

◎2022/5/13

情報を追加しました。


>ハウスメーカーが提供する2×4工法は強固な木造建築
>ハウスメーカーにあるわかりやすい2つの特徴
>ハウスメーカーと工務店の立場の違いを把握しよう
>自家発電を得意とするハウスメーカーの選び方
>ハウスメーカーの比較サイトで重要視するべき1つのポイント

◎2021/3/16

実績が多いハウスメーカー
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

大手ハウスメーカーの特徴
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

日本の人気のハウスメーカー
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました